理念・ミッション・ビジョン

患者様が集まる【チラシ】作成方法


チラシを配布する治療院は以前に比べれば、減少傾向ではないでしょうか?

特に都市部では・・・。そこが今回のミソです。
人がやらなくなったこそチャンス到来では?
という訳で、基本的にチラシを作成するポイントを挙げておきます。

ある意味、チラシ作成の「原理原則」です。知識として持っていて「損」はありません。

1)タイトルで一番集患効果が高いモノは「大義名分」です。
大義名分タイトルとは?
【“大義名分”・・・行動の理由づけとなるはっきりした根拠(広辞苑)】
整骨院では「移転」「改装」「時間帯変更」「治療追加」「院長交替」等で設備の変更業務内容が変わるものが良いでしょう。
【参照画像1】
http://take104.com/gazo/tirashi1.gif

2)一番商品=治療を明確にします。
・自院の強みは何であるか?
①治療内容を明確に打ち出します(初診時の安心感を出す)
②自費治療では実績人数が効果的
③治療を受けた患者様の声を訴求します。

【参照画像2】
http://take104.com/gazo/tirashi2.gif

3)メニュー表示
①交通事故、労災、自費治療
②自費治療は料金表示、実績を打ち出します。
【参照画像3】
http://take104.com/gazo/tirashi3.gif

4)治療理念をのせる
・院長の顔をのせて一緒に表示⇒ 理由として納得性が高い
【参照画像4】
http://take104.com/gazo/tirashi4.gif

5)キャラ型商法
①一人を主役にして、自院の説明をさせる(コメント入り)
②主役の人の写真は当然大きくスペースに入れます
【参照画像5】
http://take104.com/gazo/tirashi5.gif

6)来院から治療の流れをフローチャートを入れる(または4コマ式)
・イラスト入りで解りやすくします。
【参照画像6】
http://take104.com/gazo/tirashi6.gif

7)問い合わせをしやすくする
①フリーダイアルを設置する ⇒できれば語呂合わせしやすい番号)
②フリーダイアルは大きく表示 ⇒電話を少しでもかけやすくするため
【参照画像7】
http://take104.com/gazo/tirashi7.gif

8)スタッフ紹介で親近感を出す
①写真またはイラストで訴求します。
②名前は必ず入れます。
【参照画像8】
http://take104.com/gazo/tirashi8.gif

9)院内を写真で訴求する
①待合室の居心地さ(写真を載せる)
②清潔感とカラー統一されている治療室

10)症状をイラストで訴求する
・チラシを見た方にイメージで喚起させる
【参照画像9】
http://take104.com/gazo/tirashi9.gif

11)ズバリ!集患商材で訴求する
・あまりおすすめできませんが、ディスカウントで違うターゲット層を呼びましょう。

12)「保存版」として訴求する
・これまで挙げた内容で作成するとチラシ自体情報誌の役割を担うので「冷蔵庫に貼って下さい!永久保存版」
としてチラシ右上に訴求します。
【参照画像10】
http://take104.com/gazo/tirashi10.gif

ぜひ、参考にして作成してください。

ピックアップ記事

  1. 本来の「マーケティング」とは?

関連記事

  1. 集客・リピート

    治療院のインターネット集客

    治療院の集客、つまり集患ですね。今はインターネットが主流になってい…

  2. 理念・ミッション・ビジョン

    コンセプトを理解する

    コンセプトとは?一言で言うと何でしょうか?「あり方」です。…

  3. 集客・リピート

    治療院の「リピート」させる意義

    今回は再来患者を増やす必要性を解説します。…

  4. 集客・リピート

    心配電話のトーク術

    患者数が減少してきたら、患者数の原因はどこになるのか?と考えたくな…

  5. 集客・リピート

    ローコスト院前の認知活動

    院前の認知活動で、大事なことは目立つことです。看板を買ったり、…

  6. 集客・リピート

    エキテンの口コミを劇的に増やす方法

    治療院コンサルタントでの集客を提案する時に、この20年間、治療院の…

*無料プレゼントご案内

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 理念・ミッション・ビジョン

    経営は経営者で99%決まる
  2. 仕組み

    2017年版、紹介患者が増える条件
  3. 仕組み

    新説【繁盛する仕組みづくり】
  4. 経営

    保険依存経営を乗り越える正しい方法
  5. マーケティング

    本来の「マーケティング」とは?
PAGE TOP