マーケティング

闘い[1]~ある柔整師の保険脱却への道~

この物語は、地方の小さな小さな接骨院の経営者が、4年間かけて、完全自費治療院にしたのかを赤裸々につづった物語です。

 

 

 

 

 

[第1回] 修行、そして開業。

こんにちは茨城県で7万人弱という地方都市で、今は接骨院でありながら、
自費専門の治療院を展開している野口 泰徳と申します。

1974年(昭和49年)11月22日生まれの43歳です!

東京都練馬区生まれ
3歳の時に茨城県
坂東市へ。

中学から高校までの6年間 柔道の私塾
講道学舎に入門

中学は、弦巻中学
高校は、世田谷学園

先輩には、
柔道オリンピック
金メダリスト
古賀 稔彦先輩

同じく金メダリスト
吉田 秀彦先輩

同期には、
金メダリスト
瀧本 誠

K1 総合格闘技選手
大山 峻護
らと共に同じ釜の飯を食べて6年間を柔道に捧げました。

その後、
仙台の東北柔専に入学して、接骨院の先生になる為の勉強を始めました。

国家試験に合格し、
福島の山奥にある、何でも屋?の接骨院で修業が始まります。

ここでは、かなり
勉強させられ、
怪我の施術から、
東洋医学、構造医学、創術カイロプラクティック、AKA、
高次元テーピング療法、漢方を学びました。

5年修業を経て、
茨城県守谷市にて、2001年5月9日に
「まつまえだい接骨院」を開業しました。

挨拶まわり、ポスティングなどの効果もあったのか、開業して3カ月で、平均来院患者様は、40人以上!

レセプト枚数も、200枚以上はある繁盛している接骨院でした。

患者様層は、学生6割、主婦2割、老人1割、その他1割でした。

言ってしまえば、スポーツ接骨院で外傷バリバリの本来あるべき形の接骨院です。
正直、十分食べていける接骨院です。

こんな感じで10年程経過した時に、ふと気付きます。

「1日50人ほど、治療して保険+窓口収入で、約120万円かあ。なんでこんなに頑張ってるのに、収入がすくないんだろう?」と。

それは、うちの院は、外傷ばかりで、平均部位数も、1.3?1.4部位。
しかも、規定通りの窓口しかいただいておりませんでした。
テーピングや湿布も学生には、ただであげてしまう事もありました。

これでは!とおもい、特別電療法を導入して、毎月約10万円の+収入。
そんな事をしているうちに、疲労がたまりすぎて倒れてしまい入院をしてしまいました。
ここから、友人と相談しながら本格的に自費を導入しよう!
そう決意し、2013年1月から少しずつ準備に入ります。

ところが、ここで問題発生!
湿布1枚、
テーピング1枚50円をいただくだけでも、手が震えてなかなかもらえない私。
さて、どうしたと思います?

(次回に続く)

野口先生の自費治療への展開でのご苦労はここからです。
ここから、野口先生からお知らせがあります。

***********************************************
【保険請求だけの経営で困っている柔整師の皆様へ】
重要なお知らせ

柔整師の未来を変える
接骨院自費導入専門本気塾セミナーが
いよいよ!

5月13日(日)に東京で開催します。

近年
柔整師の激増!
治療院の激増!
大手グループ院の進出!
患者数の減少!
健康保険の取締り強化 等
柔整師業界を取巻く環境が、どんどん厳しくなっております。
そんな中
* 自費を導入したいが、どうしたら良いか分からない!
* 自費を取り入れていく自信・勇気がない!
* 自費メニューを取り入れて本当にやっていけるか!
等々、不安や悩みは尽きません。

この先の未来に危機感を感じている先生方、今から準備をしていけば、まだ間に合います。大丈夫です!

4年前に柔整師である私が、同じ悩み、不安を抱えて、沢山の経験をして来て今があり、そして完全に自費診療にしました。
その経験を全てかくす事なく、お話しさせて頂きます。
そして今回は、私 野口 泰徳だけではなく
何と!元 船井総合研究所出身で
日本で初めて!
接骨院経営コンサルティングを始めた
豊島 猛利氏が特別に来てくれます!

皆様と同じ立場であり、リアルに現場での自費導入する為の『やり方と在り方』を公開すると同時に、沢山の接骨院のコンサルティングをしてきた豊島氏による とても贅沢な コラボセミナーです!
次の日から直ぐに実行出来る話しになっています。

内容は
* 自費診療の新規顧客の集め方
* 失敗しない自費導入のやり方
* 保険患者様から自費患者様への移行
* 自費導入の為の心構え
* 自費導入しているが思うように上手くいかない等
時間の許す限り 全て公開します!

《日時》
5月13日 日曜日 13:30~16:30
《会場》
東京八重洲ホール 101会議室 http://yaesuhall.co.jp/
《参加費》
5,000円

ご出席される先生は、電話か若しくはメッセンジャーにてご連絡ください。
お待ちしております。

野口先生携帯 090(5335)0724
***********************************************

ピックアップ記事

  1. 本来の「マーケティング」とは?

関連記事

  1. 仕組み

    あなたのビジネスを紹介してもらう15の方法

    現代ネットワーキングの父、Dr.マイズナー流…

  2. 仕組み

    2017年版、紹介患者が増える条件

    先日、北関東の治療院経営者の勉強会で新規患者さんの来院動機をお聞き…

  3. 仕組み

    ブログを書き続けた方がいい理由

    これはどちらかというとホームページを開設して、商売、経営をしている方へ…

  4. マーケティング

    【ベンチマーキング】って?

    「ベンチマーキング」とは、他業種またはライバル店からの手法、手…

  5. 仕組み

    ブログを書き続けられる秘訣

    ブログを毎日、書き続けられる人ってスゴイですよね!自分…

  6. 仕組み

    「変わった」こと知ってもらう方法

    気づいてくれない「看板を変えた」「POPを変えた」「タオルを変…

*無料プレゼントご案内

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 理念・ミッション・ビジョン

    経営は経営者で99%決まる
  2. マーケティング

    本来の「マーケティング」とは?
  3. 仕組み

    全ての事業の中で重要な仕組み
  4. 仕組み

    新説【繁盛する仕組みづくり】
  5. 経営

    保険依存経営を乗り越える正しい方法
PAGE TOP