経営

永続経営には、固定客は不可欠


経営コンサルの神様と言われた船井総研、創業者 船井幸雄氏いわく、
人間性を追究すれば、

①お互いにつきあう相手のためによかれと努力すること
②信頼し、安心しあうこと
③なるべく多くの人と親しくつきあえる
ようになること

が正しい生き方と述べ、また、このような観点から、商売においても、一度、人間関係ができたならば、
それを大事にし、その関係をより進め、その輪を広げていくことがベストと説いています。

そして、商売において、その考え方を応用した『会社(店)とお客様との関係』を4通りあるとルール化しました。

その一つ目が一般客つまり一見のお客様です。
二つ目が知人客であり、会社(店)とお客様とが互いに顔と名前、住んでいるところは知っている関係のお客様となります。
三つ目が友人客であり、会社(店)やお客様が互いに、電話でムリを頼み合えるぐらいの関係のお客様で、顔・名前・住所、電話番号のほかに、趣味や癖ぐらいまで知り合っているレベルとなります。
そして、最後に四つ目が信者客である。その会社(店)にお客様が、とことん惚れこんでおり、その会社(店)で販売している商品・サービスは、余程でない限り、他会社(店)では購入しないお客様となります。

このうち、友人客と信者客とを固定客と呼び、
商売をする上で、繁盛しようとすれば、固定客を多くつくることが大切と言われています。

よって、一般客を知人客に、知人客を友人客に、友人客を信者客にと、お客様とより親密な関係に発展するように
会社(店)が努力することが大切です。
また、お客様との関係を親密化するには、人間関係をつくり、お客様志向しながら、その人間関係を大切にする
以外にないのです。

商売の神様と言われるような人々は、まず何よりも人間関係を大切にしています。

この言葉は、40年以上前に発せられた言葉ですが、今でも通用します。

【原理原則】は不滅です。

ピックアップ記事

  1. 本来の「マーケティング」とは?

関連記事

  1. 経営

    経営で大事な売上公式

    前回、治療院の売上の公式を 解説しました。●整骨院の場合は…

  2. 経営

    保険依存経営を乗り越える正しい方法

    先日、以前、整骨院の雇われ社長時に在籍していた部下のI先生と飲みま…

  3. 経営

    施術練習は当り前のこと

    治療家の先生、治療の練習は当り前のようにやっていますよね?プロ…

  4. 経営

    数字が少し好きになる方法

    スモールビジネスのほとんど経営者の方たちに「数字は好きですか?」と…

  5. 経営

    商売と経営

    商売と経営を一緒のものだと 思っていませんか?「コトバンク…

  6. 経営

    経営者として、必要な基本項目

    よく「あの人嫌いだからなぁ」「僕、体動かす仕事好きじゃないんです」…

*無料プレゼントご案内

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 仕組み

    全ての事業の中で重要な仕組み
  2. 仕組み

    新説【繁盛する仕組みづくり】
  3. 集客・リピート

    認知活動をしない理由
  4. 理念・ミッション・ビジョン

    経営は経営者で99%決まる
  5. 経営

    保険依存経営を乗り越える正しい方法
PAGE TOP