再来活動の仕組みフロー


「集客活動」で新規に患者様がいらっしゃいました。

新規を集めるには、お金は掛かりますが、その成果が出たら、売上は上がります。
しかし!どんな商売でも、一番大切なこと。

それは新規患者を獲得すること以上に、その新規患者として,来院してくれた人にリピートしてもらう。

リピート=再来活動が治療院でも大事になります。

また再来活動は新規の方を、卒業していただくために先生、自院を信頼していただく活動でもあります。
内部の強化、特に院内つくり、五感への訴求、対応が主な目的となります。

・味覚以外の五感への訴求(身だしなみ、POP、しつらえ、ブランドブックなど)

・来院した際の挨拶(好印象を意識)

・問診票の記入の依頼

・「傾聴」を意識した問診

・(整骨院)保険請求の説明

・検査(ビフォー)

・症状の原因と説明

・治療の説明

・未来像の喚起

・治療(悪い個所の指摘)

・治療計画+次回予約

・予約確認

・24時間以内のサンキューレターorメール

最初の院内の訴求は大切です。なぜなら、五感の内の「視覚」は、83%を占めているからです。
また人の印象は5秒で判断するとも言われています。

対応も大切ですが、院内のしつらえも大事なのです。
お店は「鮮度管理」です。

そして新規への対応力はトレーニングと院長の意識づけです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です