繁盛のためには、固定化が一番

経営コンサルの神様と言われた船井総研、創業者 船井幸雄氏いわく、人間性を追究すれば、

①お互いにつきあう相手のためによかれと努力すること
②信頼し、安心しあうこと
③なるべく多くの人と親しくつきあえる

ようになることが正しい生き方と述べ、また、このような観点から、商売においても一度、人間関係ができたならば、それを大事にし、その関係をより進め、その輪を広げていくことがベストと説いています。そして、商売において、その考え方を応用した『会社(店)とお客様との関係』を4通りあるとルール化しました。

その一つ目が「一般客」つまり一見のお客様です。二つ目が「知人客」であり、会社(店)とお客様とが互いに顔と名前、住んでいるところは知っている関係のお客様となります。三つ目が「友人客」であり、会社(店)やお客様が互いに電話でムリを頼み合えるぐらいの関係のお客様で、顔・名前・住所、電話番号のほかに、趣味や癖ぐらいまで知り合っているレベルとなります。そして、最後に四つ目が「信者客」です。その会社(店)にお客様が、とことん惚れこんでおり、その会社(店)で販売している商品・サービスは、余程でない限り他会社(店)では購入しないお客様です。

このうち、友人客と信者客とを固定客と呼び、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
商売をする上で、繁盛しようとすれば、固定客を多くつくることが大切と
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
言われています。よって、一般客を知人客に知人客を友人客に、友人客を信者客にとお客様とより親密な関係に発展するように会社(店)が努力することが大切です。

また、お客様との関係を親密化するには、人間関係をつくり、お客様志向しながら、その人間関係を大切にする以外にないのです。

商売の神様と言われるような人々は、まず何よりも人間関係を大切にしています。この言葉は、40年以上前に発せられた言葉ですが、今でも通用します。

原理原則は不滅なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です