これから「営業」は必要 


医療関連業なので、多くの先生は「営業」はご法度。しかし「活動」はOK。

でも営業を制するものは、全てを制します。「講演会」「スポーツ大会」「イベント」やることはお分かりになりますか?

「治療技術」
「治療機器」

でその場での痛みを軽減、解消して、クーポン券配布、または仮予約を取る。企業への法人営業もできます。

これは、「デモンストレーション」という大義名分で出来ると思います。そして、板金、保険代理店への患者斡旋かチラシ置き場へのお願い。治療院でできる営業はこのようなものでしょう。

インターネット業界って、外から見ると、座って、PC(パソコン)でカチャカチャして、営業をしている風に見えます。インターネットの発祥の地アメリカ、シリコンバレーで生まれた

・Windows
・Apple

それぞれの創業者、ビルゲイツ、スティーブ・ジョブズ。彼はシステム開発者ではないのはご存知でしたか?では何をしていたのか?

「営業」です。ソフトバンクの孫社長、楽天の三木谷社長も然りです。

「営業」して、会社を大きくしました。つまりやたらめった営業をした訳でなく、戦略的に、仕組みをつくって受注したのです。

お店を構えていて、顧客が来店したら、購買=サービスが成立して、収入が発生する

治療院、美容院、エステ、クリニックは今までは、「営業」要らずで良かったのです。
でも・・・恐らく今後は、営業も必要になるのでは?

予測ですが、治療院、美容院、エステは今まで、ユーザーは個人でしたが、「法人」へも顧客として
シフト化が必要になるでしょう。

それは経営サイクルでは「衰退期」の小売業のお店・・・

「え!?何でこのお店、いつもお客さんいないのにつぶれないの?」

とあなたも疑問に思ったことがあるのでは?

10年ぐらいの前の本ですが、面白いです。

数々の「なんでこの店つぶれないの?」の謎が明らかになっています。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学

会計学の本ですが、身近な例から会計が学べて、つぶれそうだけど、つぶれないお店のなぞまでわかってしまいます。

ご賞味あれ^^)V

Follow me!